豊島区で税理士になるのも大変だぁ~

税理士の仕事は個人や会社の、税金の相談に乗ったり、納めるべき税金の額を計算したり、税務署に提出する書類を作成したりすることで、税金を計算するには簿記というお金の出入りを記録する方法について知識が必要であり、税金の種類などは法律で決められているので税法に関する知識も求められます。
また税理士の仕事をするには国家資格が必要になりこれがなかなか難しい。
私の知り合いも税理士を目指していますが、まだ合格できずに勉強を続けています。
だから豊島区で税理士になるのも大変なんですねぇ~
でも税理士になったら仕事は大変だけど年収はいいんですよね。
稼げる資格なので、税理士の年収はなんと3000万円以上にもなるそうですよ。
だから国家試験が難しくても当然ですよね。
お金のために試験に合格したいという訳ではないと思いますが、こんなに収入がいいということはそれだけ仕事も大変ということなので、大変な職業というのは間違いないと思います。

税理士というのはサービス業なので、税理士として働く場合には顧客目線の認識が大切になるそうですよ。