結局名前は変わらず

大分県の高崎山自然動物園の猿の赤ちゃん、どうやら当初の募集通りに「シャーロット」となりそうです

イギリス王室に対して失礼だとか言われたけれど、王室からは自由との見解発表、まぁ当然でしょうね

子供の命名に関してはその時の有名人とかの名前を付ける場合が多いですよね

人気にあやかりたいとか、子供もそれくらい立派になって欲しいと思う親の思いなんですよね

だから王室の名前を使っても問題ないはずです

ただ今回の騒動で一時は役所も大変だっただろうけど知名度が上がったと考えればよかったのではないでしょうか?

自然動物園側もこれからこの赤ちゃんの飼育を通じて園の人気を得られるようにすればいいはず

さすがに旭川のようにとは思わないけれど良いチャンスなのではないでしょうか

災いを転じて福となす、まさにこれで行けばいいはずですよね

命名の騒動が終わってほっとするのではなく、これを次につなぐ事の方が大事ですね

部屋の模様替えとした時に薦めたい事が有るんです

ノーベル賞の受賞にも繋がったLED電球、もう随分普及してますね

でもLEDというのは電球だけではないんです、灯りは全てなんですよね

例えば寝室にLEDキャンドルを使うとぐっと雰囲気も変わるわけです

家具の配置やカーテンの交換だけではなく、こういったものも一緒に換えると気分もがらりと変わってきますよ