大阪・箕面のインプラント治療の名医

歯を治療するときは、可能な限り自分の歯を残すことが推奨されています。
また、80歳になっても自分の歯を20本以上残すことを目的とする「8020運動」は、理想的な存在ですね。
とはいえ、虫歯の進み具合によっては、抜歯せざるを得ない場合もでてきます。
その後は、義歯で対応することが一般的ですが、左右の歯に負担が掛かったり、違和感が強くて使いこなせないなど、いろいろな弊害も出てきます。
そんななか、注目されているのが「インプラント」です。
こちらは、抜いてしまった歯根のかわりに人工歯根を埋め込む方法で、「第二の永久歯」としても知られています。
そのためには、事前に入念な説明を行い、患者様の不安を取り除く必要があります。
大阪・箕面のインプラント名医「かつらぎ歯科」では、「インプラント個別無料相談会」(毎週土曜日)を開催しています。
また、説明会に参加すると、インプラントの治療方法や症例などを説明した「小冊子」(葛城医師執筆、31ページ)の贈呈が受けられます。
なお、「かつらぎ歯科」は、インプラントだけでなく、入れ歯や審美歯科の専門医としても知られており、歯のトラブルを全身のトラブルと捉えた治療にも特徴があります。